• ホーム
  • 低用量ピルを病院に行かず入手する方法

低用量ピルを病院に行かず入手する方法

2020年05月03日

低用量ピルは病院で処方してもらうのが一般的ですが、通販サイトを利用して個人で海外輸入することも可能です。病院で予約をして診察を受ける場合、安全に低用量ピルを処方してもらえるというメリットがあります。通販サイトを利用して個人で海外輸入する場合には、医師から診察を受けることができないので安全性について十分注意することが大切です。病院で予約をして診察を受ける場合と異なり、個人の責任で医薬品を海外輸入することになります。信頼性の高い通販サイトを見つければ、安全に低用量ピルを入手することができます。

低用量ピルはほぼ確実な避妊効果があり、使い方は毎日決まった時間に服用するだけです。非常に手軽に避妊することができますが、病院で処方してもらう場合にはいくつかのハードルがあります。誰にも知られずにピルを服用したい場合や、病院へ行くのが面倒な場合など通販サイトを利用すると良いでしょう。忙しくて、行く時間がない人にも通販サイトがおすすめです。

インターネット上には様々な通販サイトがありますが、低用量ピルは一般的なサイトで購入することはできません。海外からの個人輸入を代行するサイトを利用する必要があります。海外では安価なジェネリック医薬品なども流通してます。日本国内では未承認とされる医薬品もあり、一般的な企業が許可なく輸入・販売することはできません。ただし個人的な使用を目的として輸入する場合は合法とされており、手続きの代行も合法的に行うことができます。

病院でピルを処方してもらう場合は婦人科や産婦人科に行くことになります。一般的な病院では処方してもらえないので注意が必要です。婦人科の中にはピルの処方を専門とするものや、2回目以降はインターネットで注文が可能な場合などがあります。医師や病院によって避妊に対する考え方が異なるため、婦人科の中にもピルの処方を行っていないケースも存在します。病院へ行く場合には、処方してもらえるかどうか事前の確認が必要です。

婦人科では問診や検査、説明や指導が丁寧に行われます。疑問点があれば何でも医師に相談できるので安心してピルを使用できるというメリットがあります。海外では人気のある医薬品だと偽造品が流通しているケースも見られますが、医師から処方を受けるものは全て本物です。ただし薬代の他にも検査や診察に費用がかかります。避妊を目的とする場合は保険が適用されないため全額自己負担です。

通販サイトを利用すれば、先発医薬品だけでなく安価なジェネリック医薬品を輸入することもできます。なるべく費用を抑えたい場合には、信頼できる通販サイトを見つけて個人輸入するのがおすすめです。